« 甘鯛 | トップページ | 萩真薯 »

2006年9月 6日 (水)

泥大島

正直、私もはっきりとは知りません。

紬(つむぎ)のなかでも大島紬はてーち木染めと泥染めを幾度となく繰り返し、気の遠くなる作業を重ねて絹糸を染めるらしく、その特徴から

泥大島

と呼ばれています。昔から「大島は高いのよ」という話だけは聞いていましたが、今時着物を着て歩いている人も少ないですから、お目にかかる機会ものなく、知識として知っているだけでした。

ところがとんだ嬉しい話が舞い込みました。お客様のご主人様がなくなり、その方が着ていた大島があるのだけど、着ないか?と言ってくれるのです。確かにありがたい話しですが、そのような高価なもの・・・と思っていると

「いいからもらってちょうだい。そのほうが主人も喜ぶのよ」

とおっしゃります。形見分けですね。そして

「今の人は着物なんかもらっても着ることないけど、あなたなら少しでも機会があるかと思って」

確かに何やかんやで年に一回は着物を着ます。しかも洗い張りをした上に仕立て直してくれると言うのです。

そして今日、仕立て屋さんが採寸に来てくれました。そのとき見た着物のすばらしいこと。写真に撮っておけばよかったと思うのですが、なんともいえない風合いで、私に似合うかどうかは別として、いいものであることはすぐにわかりました。

長じゅばんも一緒にいただけるということで、羽織ってみたりしていましたが、嬉しくてたまりません。

着る物でこんなに「ウキウキ」するのは久しぶりです。

お祭りまでには仕立ててくれるということなので、出来上がるのが今から楽しみです。

さて、着物を着てどこに行くかが問題です・・・

« 甘鯛 | トップページ | 萩真薯 »

コメント

若旦那、よくお似合いでしたぜ。今度はきちんと着たところを写真にとって、アップしませう・・・

さんきゅう、店長。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146338/3347371

この記事へのトラックバック一覧です: 泥大島:

« 甘鯛 | トップページ | 萩真薯 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ