« 久しぶりに・・・ | トップページ | 焼きおにぎり »

2006年11月28日 (火)

さといも

私も数年前に知ったのですが、愛媛は里芋の一大産地です。

元の宇摩郡土居町と呼ばれる愛媛県の東のほうに位置するこの町は

「やまじおろし」

と呼ばれる石鎚山(西日本最高峰の山)から吹き降ろされる

強風のため、稲作に不向きな土地でした。

風により稲穂が倒れてしまい、満足に収穫できないのです。

仕方なく根菜の栽培が盛んとなりました。

そして

「女早生」

と呼ばれる里芋の独自の品種を作り出し、全国に知れ渡る

ブランドに仕上げました。

特に関西ではおいしいといって好まれているそうです。

特徴としては柔らかく、少しだけ粘りがあり、甘みがあるのが特徴です。

京野菜の海老芋よりも上という人もいるくらいですからなかなかです。

先月あたりから使い出し、今月、来月辺りまでは使い続ける予定です。

私も歳を重ねていき、里芋が美味しいなと感じる歳になりました。

Dsc02576

« 久しぶりに・・・ | トップページ | 焼きおにぎり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに・・・ | トップページ | 焼きおにぎり »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ