« これな~んだ? | トップページ | もうすぐ・・・ »

2006年11月 7日 (火)

黒豆の枝豆

Kuroedamame

こういう食べ方が一番美味しいそうです。

黒豆の枝豆をからからになるくらいまで木に付けたまま太らせて、落ちてしまう寸前に収穫します。

それを焙烙でじっくり煎って、蒸し焼きにします。

すると外の皮がはじけるように剥けてきて、中の黒豆が煎りあがります。

蒸し焼きになった黒豆は塩もふらず、ただそのままの味を味わいます。

最初

「なんやこれ?」

見たいな味気なさですが、噛みしめるたびに

「ジュワ」

っと甘みが出てきて、それはそれは素朴な美味しさです。

この黒豆を作ってくれたのは、知り合いの花屋さんで、趣味のようで、本業のような農作業をされています。

こういう黒豆はめったに入りませんから

「作ってください。お願いします」

と言っておいたら、1年経っても忘れずに持ってきてくれました。

ありがたい。

さっそく味わって、お礼の電話を入れました。

こんなのが食べれるのも、知り合いがいるからです。農家の人に頼んでもこんな面倒なことはしてくれませんから、本当におかげさまです。

« これな~んだ? | トップページ | もうすぐ・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒豆の枝豆:

« これな~んだ? | トップページ | もうすぐ・・・ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ