« 爆睡 | トップページ | 敵もなかなか・・・ »

2007年7月 5日 (木)

天然鮎

鮎の季節になりました。

先月の1日から解禁になった鮎ですが、こちらではそんなに馴染みの無い魚でもあります。

というのも取れる川はたくさんあるものの、海が近いため、どうしても珍重されるまでには至らないのです。

やはり海のほうが魚も多く、鮮度が落ちにくいですから、

致しかたないところでもあります。

今では輸送のスピードも速くなり、クーラーなどの保存のための用具もあるため、川から離れた都市部でもおいしく川魚を食べることができるようになりました。

今月の献立に鮎の有馬煮を入れています。

生きた状態での入荷ではないので、塩焼きはやはり鮮度的に最高とはいえません。

したがって、焚いてお出ししています。

今仕入れているのは久万高原町は美川というところの鮎です。

今年は例年より少々小振りですが、砂も噛んでいなく、香りも申し分なく、いい鮎です。

お客さんにはお出ししませんが、塩焼きにしても十分おいしいんですよ?

もし食べる機会があれば

「遠くから来てる鮎はこれか!」

と思って味わってみてください。

« 爆睡 | トップページ | 敵もなかなか・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 爆睡 | トップページ | 敵もなかなか・・・ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ