« 佐賀牛 | トップページ | 天然鮎 »

2007年7月 4日 (水)

爆睡

ここ2日ほど、夜の見回りに出かけ、ちょっとだけ寝不足気味。

さらには追い討ちをかけるように長男悠が

朝方私の寝床に遊びに来ることがある。

1ヶ月に数回しかないのだが、たまたま寝不足の日に限ってやってくる。

猫なで声で

「パパ~」

といわれるのは決して嫌な気はしないが

「しかし、あと1時間頼むから寝かせてくれ!」

という気持ちは誰にでもわかるはず。

しかも二日酔いともなればなおさらである。

そんな偶然が重なってしまった・・・

今日は昼の営業が早めに終了。

したがって絶好のジム日和なのだが、2日続けての深夜徘徊のせいで、ちと元気が足りない。

「時間もあるし、30分寝てから行こうか」

と余裕をかまし、横になることに。

ところが気が付くと耳元で内線電話が鳴っている。

慌てて取ると私宛に予約の電話だとのこと。

電話に出て「お電話代わりました」といったまでは良かったが、

お客さんが名乗ってくれたにもかかわらず、一切誰か分からない!

(やたら親しげに話すが、誰?)

そんなことをずーと思いながら予約を聞き、電話を切って、

さらに横になり

「誰だったんだろう?」

と思ううちに、再び夢の中へ・・・

次に気付いたのは携帯のアラームでした。

結局、電話での中休みを含め、びっちり2時間爆睡してしまいました。

起きて、メモを見て

「ああ、予約を受けたような・・・」

あぶない、あぶない。メモが無ければ予約など全く覚えていないところでした。

お客さんは誰かようやく分かり、問題はなし。

今日は真っ直ぐ帰ります・・・

« 佐賀牛 | トップページ | 天然鮎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐賀牛 | トップページ | 天然鮎 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ