« 腫瘍かな・・・ | トップページ | 森の翠 »

2007年7月19日 (木)

藻塩

Mosio1 Mosio2

愛南漁協さんから藻塩をいただきました。

古来、塩を作る方法は海藻をつるし、それに塩水をかけ、水が蒸発して海藻に残った塩分が結晶化して出来たものだったそうです。

その古来の製塩法で作った塩がこの塩です。

このところの塩ブームで、様々な塩が世に出回っております。

岩塩から始まって、自然塩等様々です。

そんな時、お付き合いのある漁協の方がこうした塩を売り出していると聞き、サンプルをいただきました。

作っているのは広島の業者のようですが、使っている海藻は「神馬草」と呼ばれる料理でも使う海藻です。

ミネラルが豊富で、試しに今日のお客様に天ぷらにつけて食べてもらいましたが、評判は上々でした。

ちょっと色が付いているところなど、不思議な感じです。

でも高いそうです!

« 腫瘍かな・・・ | トップページ | 森の翠 »

コメント

広島県の下蒲刈島と言う島で『海人の藻塩』を作っています。
ここで使っている藻は『ホンダワラ』で、このホンダワラは宇和海の真珠養殖業者から仕入れているそうです。
藻塩作りも体験できるし、近くには素晴らしい海岸とホテルがあって、夏の休暇を家族連れで過ごすには良い所です。

すみません。
下ではなく、上蒲刈島でした!(ペコッ!)
また、海岸は県民の浜と言います。

>oginsanさん

ビンゴです。そこの塩を愛南漁協が売っているようです。
おっしゃるようにほんだわらですが、料理の世界ではほんだわらを神馬草といいます。
海藻の先に米粒の穂みたいなのがついているので、お祝いの料理に使うんですよ。
良くご存知ですね!驚きです。

ホンダワラを神馬草と言うのですね。
ついでに読み方を教えてください。
“しんめそう(くさ)”?
“しんばそう(くさ)”?

>oginsanさん

すみません。じんばそうと読みます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 腫瘍かな・・・ | トップページ | 森の翠 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ