« なんと! | トップページ | 麦ご飯 »

2007年9月23日 (日)

プリペードカード

先日、ゴルフの打ちっぱなしに行った時のこと。

その練習場は最初にプリペードカードを買い、それを機械に突っ込むと球が出てきて、打った球の数と、残金が示されるという仕組み。

カードにも4種類ほどのカードがあり、2000円、3000円、5000円、10000円となっています。

そして高額になればなるほど、割安にます。

つまり、3000円なら3100円分ですが、10000円のカードなら11500円分の球が打てるようになっています。

そして私は決まって10000円のカードを買うようにしています。

たいてい使いきるわけですから、高くても割安のほうが得かなと思っているからです。

しかしリスクもあります。

なくしたり、忘れたりといったことです。

私の場合、紛失することは財布に入れっぱなしになっているので、可能性的には低いと思うのですが、機械の中に忘れっぱなしになるという可能性はあります。

実際に今までも

「おっといけない!」

ということは数回ありました。

ところが今回、実に初めてカードを機械の中に忘れてきてしまったのです。

気づいたのはその日の夜。

何気なく、支払いをしようと財布を開けたときに、カードホルダーの方の景色が違うのです。

「あれ、何か変だぞ?」

と思い、調べてみると、あるはずのプリペードカードが無いのです。

(そういえば、カードを取り出して、財布にしまった覚えは無いぞ!)

と思い

「ついにやってしまったか・・・」

と悔やんでも後の祭り。

この手の金券が出てくることはまず無いだろうと半ばあきらめモードで、うさばらしに飲みに行きました。

もっともかなり前に買っていたので、残っているのは4000円ほど。その点、いく分気楽ではありました。

次の日

「とりあえずダメもとで電話だけ入れてみるか」

と練習場に電話。

私「カードの忘れ物の届けは出てないですか?」

店員「ちょっと待ってくださいね。打席は何番でした?」

私「47番です。4時前くらいに忘れていると思います」

店員「いくらのだったか分かりますか?」

私「10000円の赤です」

店員「少々お待ちください」

としばらく待っていると、明るい声で

店員「ああ、お預かりしているそうです。(おめでとうございます。といっているように感じました)お名前はどちらさまですか?」

私「森脇です」

店員「それでは、次回来店時にお申し付けください」

との事。非常にラッキーでした。

店員さんが見つけたのか、お客さんが届けてくれたのかは分かりませんが、めったに無いことに喜び、

私ももし拾ったら悪い心を出すことなく、ちゃんと届けないといけないなと心に誓いました♪

« なんと! | トップページ | 麦ご飯 »

コメント

私はね~
東京駅で財布を落としましたっ!
地下鉄の切符売り場でバッグをみると、パックリ口が開いていて財布がないっ!
もう、血の気がひいて真っ青。
現金もカードもぜ~~~んぶだから。
旅の空だし呆然でした。
幸い、東京にいる友人が一緒にいて駅の交番に行ってくれました。

絶対出て来ないと諦めていましたのに、財布が届いていたのです。

世の中捨てたものではありません。

>oginsan さん
そんなことがあったんですか!

それでも出てくるもんなんですね。驚きです。

まあ、今回は本当に助かりました。

気を付けないといけません!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なんと! | トップページ | 麦ご飯 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ