« 肌寒い | トップページ | 不作 »

2007年10月24日 (水)

視察

松山にもついに「和民(わたみ)」という全国チェーン展開する

飲食業大手ともいえるお店が進出してきました。

金額的にも安いお店なので、きよみず的には商売敵ではないのですが、

色々勉強になることもなるのでは?と思い、さっそく調理場の若い子達を引き連れて、視察に行ってまいりました。

入り口辺りにひょっとしたら並んでいたりして?なんて思ったのですが、

意外と店の前は整然としています。

さっそく入って人数を告げると、

「きついんですがいいですか?」

と聞かれ、4人がけの席に5人で座ることに。

すぐにとなりが帰ったので、広くなりました。

その後店内は満席も満席になり、帰るころまで席が空くのを「ズー」と待っているお客さんがいました。

とりあえずビールだけを頼んで、メニューに目を通すと、やはり安い。

私が考える金額より、2割は安いのではないでしょうか!

餃子なんかでも500円台しそうなものですが300円台ですし、麺類も300円台で食べれます。

ピザも600円しません。宅配だったら1000円は超えますよ!

他の料理もことごとく安いのです。

「なかなか!」

これでお客さんが来るんだなという感じです。

とはいえ、自社の農場や畑などを持ち、そこから食材を運び、

安全性をアピールしている点も見逃せないですよね。

さらに1つ感じた価格のトリックは、お酒は決して安くない。

どちらかといえばしっかり利益が上がっています。

ということは料理を安くして、お客を引き、お酒で儲けているのでは?

と勝手な想像も出来ます。

出てくる料理も値段の割に食べられないようなものは1つも無く、たいしたもの。

いまどきは不味いものは誰でも分かりますから、お客さんは来ません。

そして、お店のつくりは東京的です。

内装はちょっと暗めの、ネオジャパネスク。

席の感覚は松山にはない狭い目。

しかし席を動かすと、それについて、ついたて的なブラインドカーテンが移動し、隣とのプライバシ-は守られます。

こういうところは工夫しているなと感心します。

松山の人に合うかどうかは別として、こうした店作りで、大きくなってきたのかと思うと、

商売も工夫だなと考えさせられます。

メニューの多さも、たいしたものですね。

ヘタしたら、安い居酒屋さんはやられちゃうかも知れませんね!

« 肌寒い | トップページ | 不作 »

コメント

私が働いてたレストランもお酒で儲けてたよ。
食べものは『ちょっと高いかな?』って
思うとオーダーしなかったりするけど、
お酒だけは『ちょっとお金出してもいいものを。』
って感じで飲まない? 

>Minnie さん
確かにそうですね。
目に付くのは料理の値段で、ビールの値段は隠されてると分からないものね。
高いと分かっても、酔ってくるとどうでも良くなって同じように注文しちゃうのよ。
馬鹿だよね~!

荷物届いたそうですよ。いよいよですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肌寒い | トップページ | 不作 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ