« 強運 | トップページ | 肌寒い »

2007年10月22日 (月)

よこわ

本マグロの幼魚、よこわ。

意外にもマグロも出世魚の1つで、地方により異なりますが、

成長するにつれ、名前が変化します。

私が知っている限りですが

しんこ→よこわ→こしび→まぐろ

大ざっぱではありますが、こんな感じで大きくなります。

よこわですが、日本近海で取れ、九州近辺で取れるものが、生のまま、氷詰になって松山の市場に入荷します。

たまに島根のものも入ったりします。

マグロと違い、よこわのいいところは赤身が赤々としておらず、独特の血の味が少なく美味しく食べれることと、

大きさが10キロ前後と小さく(他の魚に比べるとかなり大きい)、扱いやすく、はけやすい(使い切りやすい)ということがあげられます。

トロの部分は成魚ほど脂が乗っておらず、あっさりしています。

ですが、この脂の件は良くも悪くもあります。

ギトギトにはなりませんが、あっさりしているので、食べやすいともいえます。

よこわの旬は冬で、恐らくそのころに日本近海に回遊してくるものだと思われます。

先日、今シーズンはじめてよこわが入荷いたしました。

若干身は柔らかかった様に思いましたが、脂の乗りは最高で、お客様も非常に喜ばれておりました。

私も端なるものをこっそりいただきましたが、確かに美味しかったです。

これから春先まではよこわをたくさん使う日が続きます。

鰹とは違い、イメージ的に安い魚ではないので、重宝しますし、実際よこわのほうがはるかに美味しいので、お客様に使いやすいのです。

鰹のたたきよりも、よこわのたたきのほうがとっても美味しいんですよ。

皮がよこわのほうがだんぜん美味です!

« 強運 | トップページ | 肌寒い »

コメント

えっ?!皮?皮って味があるのですか?
お魚の皮、全部きれいにとることを使命としているので食べたことないです。
焼いた太刀魚の皮ももちろんとります。
食べる時、皮はとるのだけど、メンドガレイの皮をはいで売っているお店は許せないです。
こんな『たな』ですが今お料理ブームがやってきていて、昨日【魚のすごいコツ+114レシピ】という素敵な本を購入しました。
魚、おいしく食べるぞぅ~!!

>たなちゃん さん
魚のすごいコツですか?私も知りたい!
魚は皮が美味しいんです。少々クセがありますが、身と川の間に脂がたくさんありますから、食べれるのなら、絶対美味しいです。
是非お試しください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 強運 | トップページ | 肌寒い »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ