« 腰痛 | トップページ | 名門酒会 »

2007年10月 8日 (月)

オリジナルラーメン

Photo

若い子が賄いにラーメンを作ってくれました。

先週の土曜日から仕込み始める入れ込みようで

「突然、何を思いついたかな・・・」

と少々不思議な感じでした。

突然私のところに来て

「月曜日の賄いはラーメンでもいいですか?」

というものですから

「いいよ。美味しいのね♪」

というと、気持ちよく

「分かってます」

と言います。

見ていると魚の残ったあらを焼き台で焼いています。これだけなら、特別なんでもない、和食にでも良くある手法なのですが、今回のものはちょっと違いました。

その名も

「魚骨ラーメン」(私が勝手に命名)

と言うのも、その焼いた魚のあらをグチャグチャに砕いて、豚骨ならぬ、魚骨まで出汁にいれて、面白いことに、豚骨と同じように白濁させているのです。

見た感じは非常に美味しそうなスープです。

これは期待できそうと、楽しみに待っていました。

何も肉けがないのもかわいそうかと思い、焼き物用の鯛を一切れずつプレゼント。

胡椒をたっぷりまぶして、胡椒焼きをトッピングです。

最初に私に作ってくれたので、いざいただきます。

スープを飲みます。

魚で作った事がわかるくらい、若干魚臭さはありますが、

胡麻油や胡椒を足すと、かえってそれが生きてきます。

トッピングとの相性も中々で、これはいい出来でした。

「美味しいね!」

というと、非常に喜び、誇らしげにしていました。

「わしがラーメン屋作ってやるから、店長するか?」

と冗談で言うと、まんざらでもないようで

「本当ですか?任せてください」

と大はしゃぎでした。

今回のものはちょっと工夫がありましたね。

まずまずでした。

« 腰痛 | トップページ | 名門酒会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 腰痛 | トップページ | 名門酒会 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ