« 黒豆枝豆 | トップページ | 告知 »

2007年11月 7日 (水)

佐賀牛

最近、すっかりブランドとして人気が定着しつつある、佐賀牛。

実際、ものもしっかりして、はずれが少ないように思います。

佐賀牛と呼ばれるには、それなりの基準があり、和牛としての格付けも必要ですし、歩留まりも基準の1つになるそうです。

スーパーなどで、肉の陳列を見ると、たまに

「佐賀産和牛」

と書かれたシールが貼り付けられていたりして

「おおお、佐賀牛か!」

と驚きますが、聞くところによるとこれは格付けが低く、

佐賀牛にはなれなかった牛が佐賀産和牛と表示されるそうです。

何となくワインのアペラシオン表示にも似ています。

ちょっとした決まり事をクリアできないと、全然値打ちの無い、別物になってしまうわけです。

先月末から、佐賀牛のサーロインとヒレが半頭分入荷しています。

サシの入り具合も熟成感も最高です。

それを聞きつけた常連さんで、肉好きの方が

「ヒレを本気で食べる」

と息巻いてこられました。

300グラムほどを2/3を炭火焼きで、残りの1/3をヒレカツにして食べられました。

私的には

「この上等をカツにするか・・・」

と疑問に思いますが、それでも最高に美味しかったようです。

「どうですか?」

との質問にお客様

「言葉にならん」

とおっしゃっていました。

確かに、この上なく分かりやすい表現です。そして

「歯ごたえはまったくないね」

と言っておりました。ヒレとはそういう部分なんですよね。

しかしうらやましい!私も食べたい!

« 黒豆枝豆 | トップページ | 告知 »

コメント

うっ、COOPで佐賀産和牛、佐賀牛だと狂喜して買いました、私。
限られた人生、美味しいもの食べなくてどうする、といつも思うのだけれど、節約しようとすると食費をまず一番に削ってしまいなかなか…。
ああ、お肉食べたいですぅ♪

>たなちゃん さん
いやあ、佐賀牛だったかもしれませんよ(笑)
食費なんて削ったらダメです。健康の管理と体重の管理をしながら、そのとき食べたいものをしっかり食べて、ストレスを発散させてください。
削るのはほかのものにしましょう。
固定費のほうを。
ああ、旦那さんの小遣いはダメですよ。
旦那さんの気持ちはよく分かりますから・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒豆枝豆 | トップページ | 告知 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ