« 法事 | トップページ | とんだ事に・・・ »

2007年11月11日 (日)

ゴルフ

ゴルフクラブの月例会に行ってきました。

月に1回のこの定例会が、遊びのゴルフとはいえもっとも緊張感のあるゴルフで、

毎月

「何とかいい点数で帰って来たい」

と、前の1週間くらいは真面目に練習もしたり、結構真剣なのです。

普段は気心知れた、仲のいい人たちが、12人から15人集まります。

今回、メンバーはすこし少なめで、3組9人。寒くなると出てこない人も出始めます。

「やってやるぞ」

とスタートして、だいたいは気持ちだけが空回りして、崩れていくパターンが多いのですが、

今日はなんだか様子が変!

調子がいいのです。

ドライバーショットこそ、たいした出来ではないのですが、

アイアンとパターが普段とはひと味違いました。

いい感じでパーを重ねて行きましたが、ところがどっこい、

ドラマは終わりの4ホール目から始まりました。

ドライバでのOBから始まり、つまらないミスが連なり、4ホールだけで8オーバー!

9ホール上がってみると、いつもよりさらに悪い点数。

全くもってがっくりです。

食事をとりながら、ため息を連発して

「つまらんな~」

などとブツブツ言っていると、周りの人は調子が悪い人を見ると、喜ぶ人ばかり。うれしそうにこっちを見て、からかっています。

そういう意味では勝負の世界は厳しいです!

後半は気を取り直して我慢することを誓い、スタート。

でも自分的にはあんまりやる気はなくなっていました。

時既におそしで、どんなに頑張っても、いい点数になる可能性は、非常に少なくなっていたからです。

ところが1ホール目。グリーンにパーオンした球がピンまで1メートルほどにビッタリ付き

「あれ~~?」

と嫌でも気分が治るような状況。が、お決まりでバーディーパットははずして、パー。

それからもピンチやチャンスが繰り返しおとずれながらも、

ラッキーや不運も続き、あがってみると全てのホールパーで36点。

今までの9ホールのベストが38点でしたから、2点自己ベスト更新。

トータルでもまずまずの点数になり、メンバー9人の中でのハンデ戦は1位となりました。

こうしたゴルフをすると最後の方になると、プレッシャーとの戦いとなり、

「何とか、このままパーをキープ」

と思うようになると、体が言うことをきかなくなるのが分かりました。

今日はその緊張感を楽しみながら遊ぶことが出来て、

本当にいい一日でした。メンバーに感謝いたします。

(ゴルフに興味の無い方は、つまらない話ですみませんでした)

« 法事 | トップページ | とんだ事に・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 法事 | トップページ | とんだ事に・・・ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ