« 山菜 | トップページ | 誕生日 »

2008年2月 8日 (金)

そば粉

柳谷村(愛媛と高知の県境です)の知り合いから、そば粉をいただきました。

以前は自分の土地でそばを作ってもらい、そのそばを買い石臼で挽いていたそうです。

ところがやはりそばを挽くにはそれなりの技術がいるようで、そば切りにするのに、なかなかうまくいかない。

と言う話を聞いていました。

その当時の粉を一昨年いただきましたが、実際つながりにくく、打つのが難しかったのを覚えています。

で、昨年の秋採れたそばはもう無理をせず、製粉所に挽いてもらったそうです。

その挽いた粉を本日いただきました。仕事も余裕があったので、時間を見て打ってみることに。

甘皮が入っている今年のそばは見た目真っ黒。

いわゆる藪そばで、真っ白な更科ではありません。

打ち始めて、粉が挽きたてだからかどうか、水分が多く、少しやわらかめになってしまいましたが、さすがに新そばだけあって、うまく伸びますし、腰と弾力があり、非常に打ちやすい粉でした。

自分たちでも味を見てみて、なかなかいけたので、お客様に希望を聞いてお出ししてみることに。

すると皆さん口をそろえて

「美味しい!」

と絶賛。中には

「今日のそばが一番美味しかった」

と言う方までいて、もって来てくれた人もそれを聞くと、さぞ喜ぶことでしょう。

色はコンニャクみたいに黒くて、見た目は悪いですが、それさえ我慢できたら、いい粉ですね。

« 山菜 | トップページ | 誕生日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山菜 | トップページ | 誕生日 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ