« さすがは老舗 | トップページ | ひさびざの・・・ »

2008年4月 2日 (水)

びっくり!

今日、8時過ぎと言う遅めのご予約のお客様がいらっしゃいました。

ところが8:30を過ぎてもお客様はいらっしゃらない。ちなみにこの方はよくいらっしゃる方で、予約を忘れるような方ではありません。

まあ、30分ほどの遅れはよくある事で、別段あせったりするものではありませんが、時間的に遅いので、早く来ていただいたほうが、お料理もゆっくり食べていたけるのにと感じていました。

そしてそれから20分ほど経ったころ、一本の電話が入ります。

「ああ、遅れてすみません。実は相手さんと連絡が取れないんですよ」

と困り果てていらっしゃいます。

いくらお客様に連絡しようとしても、連絡が付かず、うちに来るようにならないのだと。

母が

「とりあえず、後30分待ってみませんか?うちのほうは時間は結構ですから」

と言うことで、とにかく待つことに。予約のお客様も気の毒です。

うちには予約しているし、会わないといけない人とは会えないし・・・

さらに30分後

「まだ、だめなんです。申し訳ないんで、キャンセルさせてもらって、キャンセル料は請求してください」

とお客様もテンションが下がってしまっています。絶望と言ったところなのでしょうか?

当店のほうはもう、いつまででも待つ気になっていますから、

「待てるだけ、待ってみられてはいかがです?」

と勧めると、そうする事になって、結局、10:20分ごろ、やっと連絡が取れて、当店にたどり着けたようです。

確かに営業時間も過ぎての入店となりましたが、うちよりお客様のほうが大変なのですから、仕方も無い事。

それにしても出会えてよかったと言うこと。

めでたしめでたし!

« さすがは老舗 | トップページ | ひさびざの・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さすがは老舗 | トップページ | ひさびざの・・・ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ