« 異常なる伝染 | トップページ | なんだか恐ろしい・・・ »

2008年6月25日 (水)

ボディーブロー

徐々に効いてきます。

世の中で物価の上昇が話題になり半年ほど。

ジワジワとあがり続ける生活に直結するガソリンや食材。

しかし当店の場合、業態的に食材とは言っても、原価中の魚の占める割合が多く、他のものは少なくて済むため魚さえ値上がりしなければ、それなりに大丈夫と思っておりました。

実際、魚の値段は物価高が反映されているようには思えません。

特に生鮮物の場合。

しかし本当はここがあがってこないと漁業に従事する人の生活は厳しくなる一方のはず。

船を走らすにも、トラックで輸送するにも油が必要ですから・・・

今のところ当店への影響が少ないであろう。

そう思っていたのですが、このところの業者さんへのお支払いの金額を見ていると、そんな悠長な事は言ってられないのかなと思うようになって来ました。

私たちが使う食材で一番高くなったのはてんぷら油。

知らないうちに6割ほど高くなっているものもあります。

そして目立って高くなっているのが、かつおや昆布などの乾物。

理由はよく分かりませんが、それぞれのコストが上がっての値上げなのでしょう。

そして月々のお支払いが、だんだん見た事のないような数字になってきているのです。

たとえば毎月なら、3万円代だった業者さんのお支払いが、知らないうちに5万円台に突入していたり、ギリギリで桁が1つ増えてみたり・・・

こうなってくると

「ああ、いろんなものが高くなってきているんだ・・・」

と実感させられます。

とは言え、我々が値上げをするような業種でもなく、簡単な話ではありません。

物価高に関して言えば、もっともっと厳しくなってきているお店もあるのかなと憂えております。

« 異常なる伝染 | トップページ | なんだか恐ろしい・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 異常なる伝染 | トップページ | なんだか恐ろしい・・・ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ