« それ本当? | トップページ | お気の毒・・・ »

2008年6月17日 (火)

食欲と開発力

ふと新しい料理を思いつく事があります。

誰でも同じかと思うのですが、仕事の途中、遊びの最中、家で「ボー」としている時、

何気なく仕事の事でひらめく時があるかと思います。

私も本当にたまにですが

「ああ、こんなんしてみたら、面白いんじゃなかろか?美味しいはず」

というものを考え付く事があります。

ところが食べるものを扱っているだけに、これを物(料理)するには非常に重要な要素が一つあるのです。

それは作る私が満腹か空腹かということです。

仮に良いものを思いつくとします。

「鱧をゼリーで固めて・・・」

これを若い子に話します。

「おいしそうやろ?」

とここまではいけるのです。しかし

「作ってみようか?」

と一歩踏み込めるようになるには、絶対に空腹でないとできないのです。

理由は定かではありませんが、まず試食する気になれないので、作る気になれない。

さらに人に作ってもらっても一緒。結局は味を見るのは私なわけですから、嫌なものは嫌なのです。

今日も一品新しいものを試してみたかったのですが、晩御飯の賄を食べたところだったので、全く手がつかず、そのままに。

こういう場合、絶対次の日に作ったりする事はないのです。

忘れてしまったり、情熱がなくなってしまうのです。

鉄は熱いうちに・・とはよく言ったものです。

« それ本当? | トップページ | お気の毒・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« それ本当? | トップページ | お気の毒・・・ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ