« お疲れかしら・・・ | トップページ | ディナーショー »

2008年6月28日 (土)

年寄りは苦手らしい!

本日、お弁当の注文がありました。

弁当は作ったものを時間までに盛り込み、さらに包装しないといけないので、ひときわ手のかかる仕事でありますが、

営業時間以外でも収入となるため、うれしくお引き受けして、作らせていただいております。

手がかかるため、たくさんお弁当を作るときは、従業員総出で作業します。

普段は配膳をしているお姉さんや、喫茶店のお姉さんも、弁当を包むのを手伝ってくれたり、

そのほかのできる限りの事をやってくれています。

女将も例外ではなく、真っ先に借り出されています。

ところが、父にしても母にしても、どうにも苦手なものがあるのです。

それは薄いプラスチック製の弁当箱の重なりが分からないのです。

つまり2個重なっていても気付かず、そのまま並べて料理を盛り込もうとするので

「弁当箱足りないよ!」

などと騒ぎ始めるのですが、決まって若い子が出てみて、見てみると、中のひとつが重なっているため足りないのだということが、発覚するのです。

問題なのは何回その失敗をしても、自分が悪いのだと先に自分を疑わないこと。

あくまで先に他人のせいなのです。

もっとも一度くらいは確認しているようなのですが、重なりを発見することも困難なようです。

今日のお弁当は高価なものだったので、弁当箱にさらにそれを入れる紙箱が付きます。

その紙箱の下と蓋とを母が分けていたのですが、どうも数が足りないと思うというのです。

若い子は「持ってきた」といいますから、やっぱりみんな

「ああ、また始まったか・・・」

と思ったに違いありません。

その雰囲気を察知したのか、母は配膳のお姉さんを捕まえて

「確認してみてよ」

と言い、見てもらいました。しかし配膳のお姉さんも

「一個足りないですよね」

と言っています。これで一応、この場に箱が一つ足りないと言う空気が流れて、若い子がしぶしぶ箱を取りにいきました。

料理を盛り終わり、箱に入れていよいよ包装です。

ところが、やっぱり箱入れが終わる段になって

「あれ、一個余るね!おかしいね!」

といつものように始まりました。

(やっぱりか!)

と言う空気が流れ、母も苦し紛れに

「年寄りのする仕事じゃないね」

と半ばすねています。

でも何かが変。

不思議なことに、箱が余ると言っても下のほうだけが、一つだけあまり、蓋はどこにもないのだといいます。

はじめからセットになったて保管しているものですから、そんなはずもありません。

しかしこのころになると時間も迫っていますので、そんなくだらん話に耳を傾けている人もいません。

包装するのに精一杯で、自分の事にみんな必死です。

そして私も弁当箱を包もうとして、持ち上げたその瞬間、驚愕の事実が!!!

なんと弁当箱を下にいれずに、蓋だけしている奴がいたのです。外見からは見た目は一緒です。

だから下だけ余っていて、箱の数はやはり最初は足りなくて、今現在はあっていたのです。

それで母と配膳のお姉さんは息を吹き返し「それ見たことか、あれ見た事か」と始まりましたが、みんなが失笑するだけで、まにうけていませんでした。

もっともその弁当箱に紙箱の蓋だけかぶせたのも、母かお姉さんかもしれませんからね!

(当店はあくまで年長者には厳しい職場です♪)

« お疲れかしら・・・ | トップページ | ディナーショー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お疲れかしら・・・ | トップページ | ディナーショー »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ