« 散髪 | トップページ | すじはうまい! »

2008年6月11日 (水)

梅酒

今年も梅酒の漬け込みシーズンとなりました。

今年はいただいた梅のみをつけることにしたのですが、それでも数十キロあり、かなり漬けれそう。

毎年どれくらい消費しているのか定かではありませんが、

確実に当店の梅酒のストックは増え続けています。

ちなみに今、昼懐石の食前酒に使っているものは12年物の古酒。

というより、それくらい昔から今までの梅酒が永遠と残っているのです。

さらにはウイスキーで漬けたものや、ブランデーで漬けたへんてこなものを含めると、かなりの量になります。

昨年漬けたものを梅をうちあげ、漉して違うものに移し、その容器に今年の梅を漬けようと思い、

若い子に洗ってもらいました。

昨年のものの味でも見てみようかと、悪い心が働き、コップに氷を入れてロックでいただくことに。

味を見るだけならお猪口に一口でいいものを、コップに氷を入れて、なみなみと注ぐあたりが、ふざけているなと、自分でも思います。

まず香りから。

非常にフルーティーで、梅の香りがよくします。市販されているものとは格段に違い、おいしそうです。

少し氷を溶かし飲んでみます。甘さ控えめで酸味はきついですが、とっても美味です。

一口、二口と飲み進めますが、なぜかアルコールを飲んでいるような感じがしません。

若い子に

「あれ、これ梅酒かな?酔わないよ。ひょっとして梅サワー?」

と聞いてしまいました。

梅サワーとは以前つけた事のある、梅酒と同じように砂糖と梅とそして焼酎の代わりにりんご酢を入れて漬けた、いわば健康飲料みたいなものです。

若い子は臭いだけかいで

「いや、分かりません」

との事。私も全く分からないので、これは酔わないから酢だということに決めて、ごくごく梅サワーなるものを飲み干し、仕事に戻りました。

ところがしばらくして、胃辺りがキリキリと痛くなってきました。

「しまった、酢の取りすぎで、酸で胃をやられたか!」

と一瞬思いましたが、どうやらそうではないようです。

やっぱり梅酒だったのです。調理場のみんなからは

「巧さん、赤くなってますよ」

と笑われ、酢で酔ったとも言えず、恥ずかしい思いをしました。

空腹に飲んだせいもあり、アルコール度数も定かじゃない、闇酒。

終いには頭も痛くなる始末。情けない!

まあ、でも美味しかった!

« 散髪 | トップページ | すじはうまい! »

コメント

今日、七折れの梅をもらったので、梅サワーを作ってみました
上手く出来たら良いのですが。
梅酒は作っていませんので、間違って飲む事はないと思います(^o^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 散髪 | トップページ | すじはうまい! »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ