« おやすみ | トップページ | 食欲と開発力 »

2008年6月16日 (月)

それ本当?

怪しいお話です。

お客様が糖尿病を患っているそうです。

そういえばお酒は大好きだし、夜飲み歩くのも、大好きな方です。

そういう方がほどほどの歳になると、大体その手の疾患が現れてきます。

ところがその人は、薬も飲むことなく、70日間で数値がよくなったといいます。現に痩せられていて、聞くと4キロやせたそうです。

「お酒やめたんですか?」

と聞くと

「飲むものを変えた」

といいます。

「あんまり食べないんですか?」

と聞くと

「食べるものを考えるようにした」

といいます。

しかし聞いてみると私の知識とはかけ離れた話をしているのです。

まずお酒。糖質のないものはOKだといいます。

それはなぜ?と聞いても明確な答えは返って来ません。

とにかく蒸留酒ならいいのだそうです。(私の中ではカロリーになるものはすべてだめだと思っていましたが!)

でも醸造酒でもワインはリトマス試験紙で調べて、アルカリ性のものなら良いそうです。ワインに酸性のものとアルカリ性のものがあるとも思えないのですが、そうだとか・・・

そして食べるもの。

穀物はだめ。でんぷんは糖に変わるからいけないのだそうです。

野菜でも茄子、たまねぎ、白ねぎはだめ。青ねぎはOK。

大根はいいそうです。

そして不思議なのは、油は良いんだそうです。酢も雑穀酢や米酢はだめなのだけど、ワインビネガーは良いそうです。ちなみに醤油もNG。お造りは塩で召し上がります。

そんな不思議な食事療法、誰に教わったのか、何で見たのか!

「えええ?」

という話の連発でした。

以前もっと不思議な治療をしていて、ついに命を落とされた方を知っています。

その方はこのお客さんとは違い、まあ、トンチンカンな事をやっていました。

食事などどうでも良いとか言って、ある水で目を洗ったりしていましたから。確かにそれではね・・・

今日のお客さんはちゃんと元気でいてくれればいいのですが・・・

« おやすみ | トップページ | 食欲と開発力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おやすみ | トップページ | 食欲と開発力 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ