« 賀茂茄子 | トップページ | カブト虫&くわがた »

2008年7月12日 (土)

活あゆ

初めてではないでしょうか!

当店に活きた鮎が入荷しました。

その数たった2匹。

少なすぎます。明日も仕事が入っているので、父が今日休んでおりました。

そして久万高原町という山に行って、活きたものと、氷で〆たものとを買ってきました。

たいそうなブクブクの容器に入れられて、2匹とは言え、びっくりするほど大きな鮎がやってきました。

所望されたお客様に1匹活きたままを掴んで串打ちして、炭火で焼きました。

なかなか脂もたくさんのっていて、お客さんも非常に喜ばれていました。

私も食べてみたいと言うところですが、さすがに1匹しかいないのでは、周りの目も気になりますし、断念して、氷で〆たものを数匹焼いてみんなで分けました。

時期のものだけあって、本当に美味しかったです。(今年の初物でした)

しかし気になるのは、やはり松山の人はあんまり川魚は好きではないと言うことです。

良かれと思ってお出ししても、意外と

「ちょっと苦手なんだよね」

なんて話を聞きます。やはりこれだけ海が近く、魚に恵まれていると、どうしてもそうなってしまうのでしょう。

もちろんそれぞれに美味しさはありますが、やはり海の魚には勝てないと言うのが、正直な私の意見です。

もっとも川のものもうまく献立に取り入れてこそ、京料理なんですがね・・・

« 賀茂茄子 | トップページ | カブト虫&くわがた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 賀茂茄子 | トップページ | カブト虫&くわがた »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ