« 活あゆ | トップページ | 市民大清掃 »

2008年7月13日 (日)

カブト虫&くわがた

うちの長男は先日まで昆虫には全く興味がありませんでした。

子供が大好きなカブト虫やクワガタも全く無関心でした。

ところが数日前、近所のクリーニング屋さんがうちの子を見て

「ぼく、クワガタいらんか?」

と聞いてきました。うちの子は全く興味が有りませんでしたから、クワガタ自体知る由もありません。

長男を連れていた妻は考えあぐねて

「ちょっと考えさせてください」

と言っていったん帰ってきました。そして私に

「こんなことがあったんだけど、悠は全く興味が無いようなんだけど、どうしよう?」

と言うものですから

「クワガタなんて珍しいんだから、もらっといで」

と言って、結局もらってうちで飼う事にしました。

近所にスーパーにそれようの腐葉土とえさとかごを買いに行き、もらったクワガタを入れて見ました。

最初全く興味の無かった長男が次第に興味を持ち始め、見たり、触ったりし始めました。

しかしやつは夜行性。子供たちが起きているときには一切動かず、腐葉土の中で眠りっぱなしです。

土をほじって触ってみても、あんまり反応が無く、もうひとつ喜びません。

ところが昨日商店街に行くと、恒例の夜市をやっていて、今度はカブト虫を売っていたそうです。

いったん甲虫に興味を持った長男は、こいつは昼間も動くと思ったのか、カブト虫を買うといってきかず、結局カブト虫を購入。それようのかごももうひとつ購入しました。

仕事から帰って話を聞き、カブト虫を見て、私はびっくりしました。

私が子供のときに飼い、遊んでいるものとは体と角のバランスが全く違うのです。

昔のやつはもっと角が立派だったような気がしたのですが、こいつは全く貧弱。

体も小さく、角も短いのです。それを店の子に言うと

「それは人工的に飼育したもので、小さく出来たりするんですよ。取ってきたやつは大きくて、角も長いのですが・・・」

なんとなくそれらしい話に、うそか本当か分かりませんが、納得してしまいました。

言っておきますが、間違ってもメスではないです。

その話を聞き、なんとなく「このままで自然は大丈夫なのかな?」なんて気になりました。

もっとも人工飼育してものでも角が大きいものもいて、それは値段が高く、短いものとは値段が全然違うそうです。

実は妻がケチって小さいものを買ったそうです・・・

« 活あゆ | トップページ | 市民大清掃 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 活あゆ | トップページ | 市民大清掃 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ