« 焼きダレ | トップページ | 恐るべし・・・ »

2008年8月 1日 (金)

今年も登場

毎年夏になると3色の魚素麺を作っています。

すり身に味をつけ、抹茶、うに、すやで3色に分けたものを

魚素麺器で沸かした昆布出汁の中に突いて出していきます。

昆布出汁の中に出た麺状のすり身は加熱されて固まります。

それを「キリ」っと冷やして、冷たいお出汁と、すった柚子の皮をかけて食べてもらいます。

私は子供のころから練り物好きで、幼児期のおやつは今でも覚えています。

「ちくわ。」

しかも普通にスーパーで売っている、ナショナルブランドのものを指に差し込んで少しずつ食べて行き、指の所まで来ると、数回に分けて噛み目を入れてちぎって、指が見えるようにして食べていた、ちくわマニアです。

そんな私が小学校のころ、この世で最高に美味しいと思っていた練り物が、魚素麺。

ねだっては店で食べさせてもらいますが、本当に一口で食べるほどしか出してくれないのです。さすが会席屋!

しぶしぶ父が

「もう一杯やってくれ」

と言いますが、やはり少ししかくれません。

今になってわかりますが、決して残り物を食べていたわけではないので、

あまり食べられすぎると、お客さんのが無くなってしまうのです。そうなるとたちまち店は困ります。

そんなわがままを言っていた私ですが、今では

「御代わり」

と言うお客様に

「お後のお客様の分しかございませんので、申し訳ありません」

と断る立場の人間になってしまいました。

今では食べ飽きたのか、ちくわも素麺もさほど欲しなくなりましたが、あの頃はたまらなく好きでした。

ちなみにうちの長男はハムが好きです。

ハモン・イベリコなどではなく、やはりナショナルブランドの

プレスハムです・・・

« 焼きダレ | トップページ | 恐るべし・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼きダレ | トップページ | 恐るべし・・・ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ