« イサキ | トップページ | 夜の動物園 »

2008年8月23日 (土)

どんなにしとんや?

今月の5000円の昼懐石のご飯に、うなぎの洗い飯を入れています。

洗い飯とはお米を水で洗い、氷水でしっかり冷やした後、

これまたしっかり冷やした、薄味のお出汁を冷やしたご飯に張り、冷たいお茶漬け感覚で食べてもらいます。

普段はからすみを乗せたり、漬物を乗せたものを作っていたのですが、今回はうなぎを使ってみました。

そしてここで問題なのが、そのうなぎなのです。

京都の有名なお土産に「うなぎ茶漬け」というのがあります。

煮しめたような真っ黒なうなぎなのですが、硬く、辛く、そのまま食べるものではありません。

しかしお茶漬けにしようものならあら不思議!

コクと旨みがあり、非常に美味しくいただけるのです。

そのお茶漬けうなぎを作ってみようと思うんですが、どうしてもふっくらできてしまい(本来いかなる料理もふっくらのほうがいい表現なのですが、今回は・・・)、

真っ黒(まっくろも悪い表現の代表なのに・・・)にもならず、思うものが出来上がらないのです。

やはり見よう見まねでは限界があるのか!

ということで誰かに教えを請おうかと考えております。

誰でも簡単にできるのなら、そんなに名物になるわけも無いか!

« イサキ | トップページ | 夜の動物園 »

コメント

巧さんでもわからない事・できない事があるんだ!
安心しました。
今日 楽しみしてます。\(^-^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イサキ | トップページ | 夜の動物園 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ