« タイヤ交換 | トップページ | きごしょう »

2008年8月11日 (月)

時期的に・・・

当店のお弁当の注文なのかに、若干早めの注文があったりします。

朝10時ならお引き受けできないのですが、10:30の注文なら、何とか対応できるので、お引き受けさせていただいております。

ここで問題なのが、その10:30に持って出られたお弁当がどのような状態でお客様の元に届いて、さらに何時ごろ召し上がられるかなのです。

冬の寒いときならいざ知らず、この時期あまり冷房の効いていない車で(たとえばトランクとか)運ばれて、さらに2時くらいの遅めの昼食となると、その日に作った料理でも

「万が一」があるかもという気になってしまうのです。

大体のお話をお聞きしたところ、早い時間のお弁当は

松山から1時間以上かかる愛媛県内で消費されることが多いと言うことがわかりました。

お弁当のなかには消費期限として、作ったときから夏場なら3時間を目処に、時間を記入させてもらっています。

しかし、もしかしたら食べるときにはその時間になっている可能性もあるわけです。

そうなるとお客様にも不快な思いをさせますし、こちらも不安があるわけで、

しかしそれを説明させていただいても

「どうしても」

とおっしゃるものですから、このようになっています。

今日も早いお弁当がありました。

やはり少なからず不安があったので、弁当箱ごと発泡スチロールに入れて、保冷剤を詰め込んでもって帰ってもらいました。

あまりに大げさで、小さな車には乗らないくらいですから、少し考え物です。

どうしたものでしょうか・・・

« タイヤ交換 | トップページ | きごしょう »

コメント

お弁当は美味しいのはわかっているのですが、残してしまうとせっかくのいいものが台無しになってしまうので、好き嫌いとかのわがままもきくのでしょうか?

>ともさま

なるべくご希望に添えるようにさせていただいております。
あまり(好き嫌いが)多い場合はお弁当自体が成り立たなくなるので、お断りする場合もございます。
よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイヤ交換 | トップページ | きごしょう »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ