« ようやく・・・ | トップページ | はあああ・・・ »

2008年10月20日 (月)

知りませんでした!

うちの近所の川に水があるときは、たまに鯉が泳いでいることがあります。

どこからともなく水があるときだけやってきて、水が無くなると、いなくなっていて、死骸があるわけでもないので、うまくどこかに逃げていくのでしょう。

こんな街中の川ですが、鯉が住んでいるということは

「意外に水がきれいなんだな」

と考えておりました。

ところが先日、こんな話を聞きました。

「日本では外来魚の繁殖力の強さや、旺盛な食欲のせいで、生態系が破壊され、在来種が脅かされて、大変なことになっています。

日本の水がきれいなので、こうして外来魚が住み着き、害が問題となっていますが、日本の魚で唯一外国で繁殖できた魚がいます。

それは鯉です。鯉は水の汚れに非常に強く、鯉が住めなくなったら、他に住める魚はいないといわれています」

とこんな内容なのです。

今でこそ魚の王様といえば「鯛」なんていいますが、古来から魚の王様といえば「鯉」が一般的だったのです。

何せ滝を登ると竜になると言われているくらいですから!

そんな鯉が日本に住む魚の中で一番汚いところに住めるなんて、驚きました。

さらに川魚でお刺身や味噌汁やと何かと料理が多いのも鯉。

鯉にたいするイメージが変わってしまいました。

確かに汚い池やお堀に魚がいるなと思ったら、間違いなくそれは鯉ですよね。

別に好きだったわけではありませんが、なんとなく口には運びにくくなりました・・・

« ようやく・・・ | トップページ | はあああ・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく・・・ | トップページ | はあああ・・・ »

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ