« 京都遠征 | トップページ | 蛸の子 »

2009年3月17日 (火)

なんか変!

調理場は午前中に仕込みを終わらせ、昼の営業をした後、4時くらいまで休憩を取ります。

その後お客様が来るまでに最終的な仕上げをして、お料理をお出しできるように、整えていきます。

ここまでが仕込みの段階。ここまでの段取りが非常に重要なので、

時間に間に合うように、まず一番早い予約のお客様に合わせて、仕事をしていきます。

本日の一番早いお客様が6時30分ご来店予定。

そして7時。さらに続いて、一番最後は8時過ぎのお客様がありました。

最初のお客さんが6時30分というのはそんなに早くは無いので、のんびりしていると、どこからとも無く

「いらっしゃいませ」

の挨拶の声!しかも、続いてご予約のお客様がそろわれたとの連絡。

(いやに早いな!)

時計はまだ6時を回ったところ。しかしこんなことはよくあることで、すべてのお客様が時間通りというわけにはまいりません。

全然仕込が間に合っていないので、若い子とたちが大慌てでお付き出しなどの準備をしています。

やっとそれがで終わったかと思うと、続いて7時のお客様がお揃いに!まだ6時30分にもなっていないのに!

(今日はやたらお客さんが早く来られるな!)

何の疑いも無く、ただ自分たちが追われて仕事をしていました。そんな不思議な日もあるのだと・・・

ところがどのお客さんも早く到着して、挙句の果てには8時からアルバイトに来るはずのフランス人も7時30分くらいに

「おはようございます」

と登場します。この瞬間

「これ、時計おかしくないか!」

もっと早く疑うべきでした。

電話で時報を聞いてみると、約25分も遅れています。調理場全体が、30分ほど遅れて仕事をし続けていたのです。

そりゃ、時計が間違っていたのでは間に合うものも、間に合うはずがありません。

慌てて電池を取り替えて、それから時計が狂うことはありませんでした。

そんなに忙しくなかったので何とかなりましたが、入りが多ければそれこそ大変なことになっていました。

おそろしや、おそろしや!

« 京都遠征 | トップページ | 蛸の子 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都遠征 | トップページ | 蛸の子 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ