« 鴨南蛮 | トップページ | 天然ガス »

2009年5月16日 (土)

またも!

看板に傷がつく!

嫌な言葉ですよね。もちろん、信用や評判が失墜するたとえですが、きよみずでは実際に起こってしまいました。

しかもこれで3度目。

きよみずの看板に八百屋さんの保冷車が激突いたしました。

この看板自体はこの店を改装したときにこの高さ、この位置に据え変えました。

9年ほど前の話です。

しかし、看板に始めて激突されたのは2年前。その時はゴミの清掃車の屋根でした。

新調したゴミ収集車が以前のものより大きく、背が高くなったため、うっかりあたってしまったと言うことでした。

その時は清掃会社がきれいに直してくれました。

そして1年位前、気がつくとやはり看板が壊れてゆがんでいたのです。

前回の事もありますし、清掃会社に心当たりないか聞いてみても

「車の外傷も調べてみましたが、今回は違うようです」

と言われ、結局分からずじまい。

仕方なくその時は当店が掛けている損害保険で面倒を見てもらいました。

そして今回。車を見てみると、びっくりするような大きな車。

(それ、電線にあたりませんか?)

位は背が高いです。もっとも街中の電線が低すぎるのもありますが・・・

八百屋の若い兄ちゃんも

「うっかりしてまして・・・」

と青ざめていました。ある意味気の毒です。

それからは八百屋さんが果物を持ってきたり、ひっきりなしに謝りに来て

「ちゃんと直しますんで」

と頭を下げて帰ります。急にこうして事故が多くなったのには明らかに、車の大型化があるように思います。

やはりみんな効率よく仕事をしないといけないので、仕方なくそうなってしまっているようです。

父は

「今度はもう少し看板上げようか?」

と真剣に悩んでいました。

しかし今回は相手が直してくれること。果たして看板を上げることは可能なのでしょうか?

« 鴨南蛮 | トップページ | 天然ガス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鴨南蛮 | トップページ | 天然ガス »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ