« 火事場の馬鹿力 | トップページ | 側転 »

2009年6月24日 (水)

スクーター

お客さんで大変車好きな方がいらっしゃいます。

その方は数年前に退職されたのですが、その後交通事故に遭われ、足のほうが若干調子が悪くなってしまいました。

もっとも事故のほうは自分が好きな車を運転していたときではなく、歩いているときに、はねられてしまったそうです。

今日、昼休みに外出していて、店に戻ってくるとき、後ろから原付が

「プップー」とクラクションを鳴らします。

(誰だろう?)

と振り返りましたが、あんなバイクに乗った知り合いはいないので、一度は無視して歩き始めました。

するとまたすぐにクラクションがなります。

(変なおっちゃんやな!)

とよく見てみると、その方ではないですか!

「どうしたんですか、そんなものに乗って?車は?」

と聞くと

「ちょっと出てきたんよ」

としか言いません。それにしてもその足でスクーターとはどうかなと思い

「バイクじゃ危ないでしょ?」

というと

「そうなんよ。車はほどほど走るけど、バイクはまっすぐ進まんわい。タイヤが2本やけんやな」

といって帰ろうとするので

「ヘルメットのひも位は止めとかんといかんよ」

と言って、止めてあげました。

お礼を言われて、そのまま走り去るバイクを見ていましたが、本当に危ない。

家族は乗せるべきではないでしょうね。フラフラ~~って感じで、角を曲がっていきました。

悪い足のほうへこけなきゃいいのですが・・・

« 火事場の馬鹿力 | トップページ | 側転 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 火事場の馬鹿力 | トップページ | 側転 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ