« お休みしております | トップページ | 炭酸水 »

2009年6月 3日 (水)

実は困る!

私の家は店から歩いて5,6分ほどの近くにあります。

隣に住んでいるというより、少しでも違う場所に住んでいるほうが、本当はいいそうです。

人間誰しも、仕事の顔と私生活の顔があります。

2つの顔が気づかないうちに曖昧になってくると、精神的にストレスがたまってくるそうです。

別の顔を取り戻すためにも、通勤というのは本来必要な行動なのだそうです。

そんな話を聞いたのは、実は大学の講義だったのです。

何のテーマだったかさえも忘れましたが、断片的にそんなところだけを覚えています。

そういう意味では歩いて5分という通勤が、実は一番快適なのかなと思うことさえあります。

通勤時間は短く、しかも自分の顔を取り戻すことが出来る。

ところが良い事ばかりでもありません。

最近困っているのは、宅急便が自宅が留守なら、店に物を運んでくるようになったのです。

以前は近いながらも営業所の受け持ちが違い、店の集配とは関係の無いかたが自宅近辺を回っていました。

ところがあるとき改編が行われ、自宅のほうも店と同じ営業所が受け持つことになったのです。

そして自宅マンションで、なじみのドライバーさんに会い

「あら、こちらにお住まいでしたか?」

と所在がばれてから、その悲劇は起こり始めました。

インターネットで買い付けたもので自宅に送ったものが、突然店に届き

「あれ?」

と不思議な顔をすると、

「奥さん留守だったもので・・・」

と笑顔で言います。向こうは良かれと思ってしているのかもしれませんが、近いとはいえ離れている家に荷物をもって帰るのが、大変だから自宅を送り先にしているのに・・・

さらに、もし店にもってきてもらったら困るものがあったらどうするのかと聞きたい。

たとえば?と聞かれて、今は思いつきませんが、逆に妻に内緒で買ったゴルフクラブが店じゃなくて、家に届けられたりなんかしたら、悲劇ですよね。

この可能性は0に近いですが。

近いばかりに困ることもあるのです・・・

« お休みしております | トップページ | 炭酸水 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お休みしております | トップページ | 炭酸水 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ