« 久膳友の会 | トップページ | 父親参観 »

2009年6月19日 (金)

ペインクリニック

妻に言わせると、この時期いつもこんなことを言っているらしいのですが、

このところ、どうも肩が張って、頭痛がして、足がだるく、腰も痛いと来ています。

「休みの日には遊ばず、ゆっくりしてなさい」

と説教する妻を尻目に、朝から晩まで動いてないとダメなのは、どうも性格のようです。

疲れていても、どうしても出歩いてしまうんです。

そんな状況を解消すべく、以前から近所のペインクリニックに目をつけていました。

「倦怠感のある方、どうぞ」

的な触れ込みで、患者さんを募っていましたところ、惹かれてしまったわけです。

「肩こりは仕方ないと思って、あきらめていませんか?」

なんていわれると、大抵の人が

「治るんですか?」

って言うんじゃないかと思うのですが。

そんなことで、初めてクリニックに行ってきました。症状を説明して、ひどいとは思わないのですが、疲れが抜けないような・・・

というと、私もすごいなと思うのは、来た初診からいきなりレントゲンなど撮ることなく、腰のブロック注射をうって、さらには疲労回復に効くという点滴をするのです。

ペインクリニックとはこうしたものかと今まで無い形態の病院に、あっけにとられました。

以前にも、肩と腰にブロック注射をしたことがありましたが、こんなに強いのをしたのは初めてでした。

30分休憩後、血圧を測って正常なのを確認後、帰る訳ですが、足が地に着かないのです。

ふわふわで、さらにはお尻も完全にしびれています。

凝りをほぐす薬もたくさんもらいました。ここまでやったのですから、おそらくはかなり良くなるはずと前向きに考えて、大変期待しております。

今回は腰でしたが、肩が薬で良くならないようでしたら、もう一度そちらに注射をすることになるそうです。

どちらにせよ、早く楽になりたいだけです!

« 久膳友の会 | トップページ | 父親参観 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久膳友の会 | トップページ | 父親参観 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ