« 日食 | トップページ | 鱧きり »

2009年7月23日 (木)

なかなかできるものでは・・・

ある会社のお話です。

お客様でその会社の社長さんがみえられて

「私は社長に就任してからすぐに銀行からの融資を取り付けて、従業員のために使いました」

と言うのです。

はて「おかしなこと」というか、はたまた「今時っぽいこと」をおっしゃるなと思い聞いておりました。

「休憩所のエアコンが壊れているとか、アルバイトが時間が少しでも伸びてしまったら、その分の時給を出せとか、待遇面もかなりやりました。幹部連中にとっては私が組合長に見えたでしょう。休日の数も増やせと戦いましたよ!」

との事。つまり待遇を良くするためにお金を使い、そうすることで離職率を減らしたり、よい人材を確保して、会社を繁栄させようと思っているのだそうです。

そのかいあって、社長就任以前は継続年数が1.8年だったのが、今では5年をはるかに超えてしまったそうです。

そんな話を聞くと、本当に

「うちはどうしたらいいのでしょう?」

とお伺いしたくなります。人は入ってこないし、来てもやめるし。

まずまともな人がやってこないことに問題があります。

給料を増やせば経営を圧迫しかねませんし、時短をすれば、働く人のためにもなりませんし、今一番悩んでいるのは、雇用の問題です・・・

« 日食 | トップページ | 鱧きり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日食 | トップページ | 鱧きり »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ