« スイカ | トップページ | こんな日に! »

2009年7月17日 (金)

購入

食品の劣化、主に酸化を防止する物質とされているのが、窒素。

真空できない、柔らかいものなどによく充填されています。

身近なもので言うとカツオの削り節。

真空にして「ぴちゃ」としてしまうと、くずくずになってしまうので、削り節の中には酸化を防止する窒素が入っています。

たまに袋に穴が開いているものがあると、削り節の色が変色してしまっているところを見ると、窒素の保存効果はかなりのものだと考えられます。

私がたまにのぞくワインバーには窒素を充填しながらワインをグラスに注ぐ機械があります。

「味の変化はありますが、かなり長持ちしますよ」

との話でしたが、お値段が2万円ほどして、さらにたびたびのガス代が必要なので、結構なコストになります。

自宅用にも店用にも欲しいところですが、なかなか手が出ません。

そこで今回、そこまでではなくても、簡易的な商品があったので買ってみました。

Img10523761453 この缶がスプレーになっていて、先にストローが付いています。

それを飲み残したワインのボトルの中に差し込んで噴射します。

するとボトルの中で窒素の膜が液面上にめぐらせ、酸素との接触を防ぎ、酸化を防止するというものでした。

興味ありげに父が見て

「それ、どうやった?」

と聞くのですが、昨日の今日ですから、効果はいまひとつ分かりません。

果たしていかがなものか?

« スイカ | トップページ | こんな日に! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スイカ | トップページ | こんな日に! »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ