« 親子丼 | トップページ | そうめん流し »

2009年7月31日 (金)

確かに言われるとおりか・・・

ある雑誌のコラムで

「日本料理屋はお酒を売るのが下手だ」

とぶった切られていました。くしくもその著者も料理人。

「日本酒大吟醸の4合6000円は非常に高くて、ワインフルボトル10000円は安いと感じられる。

これは日本酒を売る、売り店が悪いのだ」

と氏は言っている。

確かに、フレンチのお店にはソムリエというサービスを専門にして、お酒に非常に詳しいスタッフがいるシステムがある。

それに対して料理屋はというと、あまりお酒のことを分からない女性のスタッフ(女中さん)がサービスを取り仕切ることが多い。

中には日本酒や焼酎に精通されている方もいらっしゃるかもしれないが、おおむね

「お酒はあんまり知らなくて」

なんて方が多いように思う。

これでは日本酒が高いと言われても仕方がないと思わざるを得ない。

氏の言うとおりである。

ワインはこれもおいしかったけど、これより高いものや、別の種類でおいしいものがあるんじゃないかと思うと、

詳しい方がさらりと説明してくれる。すると

「飲んでみたい」「高くは無い」

という錯覚に陥らされる。

お酒の場合、もちろんいろんなものを飲みたい気持ちがあるのかもしれないが、

特に説明も無く、チラシも無ければ

「お酒」

と頼むと

「燗にします?冷にします?」

なんて感じで、銘柄すら指定しないことも少なくは無い。

当店にも結構高額な日本酒やワインなどを置いてある。

しかし今までは自店に何があるかさえも、把握していないスタッフがサービスをしていた。

これでは飲みたいものすら見つからないはずと思い、全てリストアップはしてみた。

するとやはり少しは動きがあるだ。

紙にでも書かれたものをみると、興味がある人の触手は動く。

料理もお酒ももっと付加価値を持ってもらって、楽しんでもらう必要があるのだと納得した次第であります。

« 親子丼 | トップページ | そうめん流し »

コメント

そういえばそうかも!
先日のクルーズの時も我がテーブルのボスは
ソムリエと散々お話し選ぶのに相当時間がかかりました。(楽しそうでした)
普段はせっかち?な方なのに!
2週間 講釈を聞きながら料理に合わせた白・赤味わってみると、
やはりワインはすごいと思いました。
去年ブルゴーニュで買ったワイン
送料混みで12本が10万円くらい。
それでも安いと言われました。
日本酒もやはり産地・銘柄・味を教えたらイイかも!

>mido さん
そうですよね。あのやり取りが何とも食事や旅の楽しみを増幅させるものだと思いますよね。
日本酒も同じはず。料理屋さんでおいしい日本酒に出会えれば、すばらしい食事のお手伝いができると思うのですが、なかなか・・・
ワインは高くても当たり前と認識されているのは、伝統とそれに付随した努力の賜物なのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 親子丼 | トップページ | そうめん流し »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ