« スジ煮込み | トップページ | ダクトの汚れ »

2009年8月 7日 (金)

大所帯!

昨日、仕事が早く終わったので、ゴルフの打ちっぱなしにいきました。

結構遅くまで開いているので、早めに仕事が終わった日には間に合います。

普段通り練習していると、夏の夜は決まって、電気に虫が集まってきます。

中には大きな蛾がまとわり付いてきて、嫌な思いもします。

手で追い払うと、大抵はどこかにいくか、そのまま床に落ちるのですが、なかなかしつこい奴もいます。

昨日も手で追い払うのに、何度も何度もやってきて、最後には腹が立って手ではたくと、地面に落ちたのは何とカブトムシのメス。

「ありゃ、珍しいこともあるもんだ」

と拾い上げたのですが、特別大きくも無く、メスだったので、もう一度空に投げ上げて逃がしてやりました。

以前からこの練習場に来るたびに、腐葉土とクヌギの木の匂いがするので、絶対カブトムシがいるはず。とは思っていたのですが、

こんなことで実証しちゃいました。練習場の周りはちょっとした森になっています。

しばらくすると、また同じカブトムシがやってきて、今度は電気にバンバン体当たりしています。

「こんなにあたって大丈夫なんかいな!」

と心配していると、案の定力尽きて、また、私の足元に「ポトリ」と・・・

そのまま放っておいて、もし帰りまでそこにいたらつれて帰ろう。

と思って、30分ほどして閉店終了の時間。

幸か不幸か、カブトムシは一切動かず、その場にいたまま。

弱っている風でもないのですが、疲れちゃったのでしょうか!

仕方なくバックに入れて、もって帰りました。

かえって虫かごに入れようとかごを開けると、開けてびっくり!妻に

「うちってこんなにカブトムシがいるの?」

と聞くと

「まだ、土の中に隠れているのがいると思うよ」

ということでした。

見えるだけでも、カブトムシのオスが4匹、メスが2匹。

のこぎりクワガタのオスと雌が一匹ずつ。

かなりの大所帯です。

「えさが無いよ」と言っても妻もなれたもんで

「こんだけいたら、いくらあげてもすぐになくなるよ。きりがないのよ。カブトムシなんて、あったらあっただけ食べてるんだから、少しは我慢させないと」

ということだそうです。ちなみにえさは昔のように、スイカではなく、昆虫ゼリーというえさがあります。

これができて格段に寿命が延びたそうです。

最初は興味があった子供達ですが、だんだん見向きもし無くなり、虫嫌いの妻が、えさやりや、水やりをさせられています・・・

« スジ煮込み | トップページ | ダクトの汚れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スジ煮込み | トップページ | ダクトの汚れ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ