« 梅干 | トップページ | オコゼの旬は? »

2009年9月 9日 (水)

不思議な感じ

銀行の会に夕方行ってきました。

毎年ある、懇親会ですが、今年はちょっと特別です。

会のゲストとして、妹が招待されていました。

司会の方に

「松山市出身の歌手で、イタリアで・・・」

などと仰々しく紹介されて歌い始めました。

聞くのは初めてではありませんが、普段は両親がおもだって出席していることもあり、私が見に行くことはほとんどありません。

今回のように、ご縁とは言え、外部の方に呼んでいただいたのならまだしも、普段両親が集めたお客さんの元では店が集めたも同じ。

つまり全員が知り合いなわけで、全員に頭を下げる必要があります。

どうもそう言うのが性に合わないようで

「気を使うようなら、自分は・・・」

といって、いつも遠慮させていただいてます。

また、県外での場合は私が赴くより、先に両親が行く計画を立てているため、結局店の番をしないといけないのは私なわけで、2人は分かっていないようですが、私のおかげで娘の歌を聴けているわけです。

今回は普段から私が出ている会であり、人前に出るのは苦手な父と、行きたかったでしょうが、おそらく場になじまないであろう母の名代も含めてその場に立たせてもらいました。

私は音楽のことはわかりませんが、正直何か不思議な感じでした。

いつもは聞きもしないような人の歌で、知らん顔をしながらお酒を飲んだりしていますが、

さすがにそんなことも出来ず、まじめに聞き、周りの人からは

「妹さん?お姉さん?」

などと聞かれながら

「お世話になります」

と頭を下げておりました。

感想を述べれるような立場でないのですが、会場にいた方々は

「いい声でしたね。すばらしいね」

と言っていただけました。お世辞半分です。悪口が聞こえなかっただけ、有難いと思わないといけません。

11月3日のコンサートの宣伝もしきりにしていただいて、本人にしてみればいい仕事だったのではないだろうかと思いました。

後で照れ隠しにお客様から挨拶をしてもらっているところに割り込んで、ビールを注いで、ねぎらいをしておきました。

あわただしく東京に帰っていきましたが、いいご縁が出来たのではと思っています。

« 梅干 | トップページ | オコゼの旬は? »

コメント

すっかりご無沙汰してしまっています。お変わりなく皆さまお元気でしょうか?
ブログ、拝見しました。
きっとカリスマ性のある歌声なんでしょうね。
チビさえいなければ!と、残念に思うこのごろです。
でも!東京にいるうちにぜひ一度お邪魔したいものですね。
生の歌声というのは、本当に臨場感あふれて素敵な気分にさせてもらえます。
きっとご縁がありますように…♪♪

>kanoton さん
こちらこそご無沙汰です。
子達は元気でしょうか?
機会があれば、東京で是非聴いてやってください。
ただ、子供がいると当分は難しいでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅干 | トップページ | オコゼの旬は? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ