« フライング | トップページ | 緋の蕪と大根 »

2009年12月15日 (火)

てっさ

忘年会でフグコース。

いいですね。当店にはこんなお客様がたくさんいらっしゃいます。

お客様も期待されているはずですから、我々も飛びっきりのものを作らないと申し訳ありません。

当店ではフグはその日に〆て、お客様がおみえになる1時間~2時間前をめどにてっさを引き、冷蔵庫で冷やして供します。

そのため前日にさばいて、寝かせた身質とは異なり、若干歯ごたえのある固めのてっさとなります。

また、本来のてっさは器の柄が透けて見えるほど薄く・・・と言うのが定石ですが、当店ではさらに歯ごたえを重視させるべく、

かなり厚めに薄造りにします。

忙しいときは父と共に2人でてっさをするわけですが、決まって

「もっと厚く切れ、もっと厚く切れ」

と注意を受けます。

私としてはかなり厚く引いているつもりなのですが、もっと厚いのが店のスタイルなのです。

極端な話、厚みだけでいうと、今の半分には出来ます。

ということはてっさ1枚作っているところを、2枚作れるわけです。

原価は倍半分。しかしそこがこだわりなのです。

さすがにそれだけこだわっているだけあって、自ら言うのもなんですが、お客様には非常に受けがいいです。

厚いてっさを食べてしまうと、おそらく二度と薄いものは食べられなくなるはずです!

« フライング | トップページ | 緋の蕪と大根 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フライング | トップページ | 緋の蕪と大根 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ