« 初釜 | トップページ | 内臓料理 »

2010年1月19日 (火)

縄跳び

久しぶりに縄跳びをしました。

長男が幼稚園で縄跳びをしているそうです。

でも、あまり上手くできない様で、先日

「お父さん、縄跳び一緒にやろうよ」

と暗に教えてくれというような感じで誘ってきます。

私も、もともと不器用ですから、縄跳びが出来るようになるには、非常に苦労しました。

しかし小学校のときの話ですが、やった甲斐あって、人よりは出来るようになったほうだと思っています。

そんな思いがあったので

「いいね、一緒にやろうよ」

と寒い中、マンションの空き地に出て、付いてきた次男と3人で縄跳びを始めました。

しかし、まだまだ幼い長男はいったいどうすれば縄が回り、タイミングよく飛べるかなど、全く分かっていませんし、考える頭もありません。

手を大きく回し、地面でいったん止まっている縄を飛び越すことしか出来ません。

ですから、1回飛ぶたびに、前へ前へ進んでしまうのです。

いろいろな方法で教えますが、今ひとつ上手く教えることが出来ません。

(これも経験か)

と気長に見るしかないなと感じました。

本人はそれでも出来ているつもりになっているので、おだてないといけないし、でも出来てないし、親としては複雑な気持ちです。

それにしても久しぶりに縄跳びをして、自分の体力の衰えに驚きました。(自分の縄も持っています)

出来るには出来ますが、息も上がるし、回数が続かないし、寂しい限りです。

子供2人に二重とびやハヤブサを見せても

「お父ちゃん、早いね」

と口を開いているばかりで、あまり意味が分かってないようなので、楽しくありません。

「すごい」

とか言ってくれればいいのですが、長男にいたっては

「ぼくも二重とびしよう♪」

と言い出す始末。

君にはちょっと無理だと思うよ・・・

« 初釜 | トップページ | 内臓料理 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初釜 | トップページ | 内臓料理 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ