« 蓮根汁 | トップページ | 掃除機 »

2010年2月 3日 (水)

節分

いつの頃からか、松山でも節分に巻き寿司を食べないといけないように気にさせられているようで、母が

「巻き寿司を作ってくれ」

と毎年のように、しつこく言います。

私は決まって

「松山では決して節分に巻き寿司を食べるような習慣はありません。メディアやスーパーなどの売り手に踊らされることなく、自らの文化の中で生きてください。あなたの生まれ故郷でも食べたことはないでしょ?」

こう言います。

しかしどうしてもまた1年経つと同じことをいい始めます。

(ぼけているのかも・・・)

で巻き寿司を作るのが嫌なのではなく、この異文化に流されたり、迎合する必要が無いとはっきり思うものですから、常に巻き寿司は拒否します。

巻き寿司を食べたから、願い事がかなうなどということは、絶対にありえないのですから。

しかし、どうも普段食べないものが食べたいようなのです。

ですから今年は

「稲荷寿司はどう?」

と解決策を提案。不思議なくらい乗り気で、喜んでしまい、頭は完全にいなりずしへ・・・

ということで、本日の昼ごはんにソフトボールくらいある大きな稲荷ずしを2個つけました。

大きくなったのはわざとではなく、若い子がご飯をいっぱい用意してしまったので、仕方なく、思いっきり詰めてやっただけ。

それでも寿司飯があまりました!

もう少し揚げを薄甘く焚けばよかったかなと反省していますが、悪くはない味でした。

さあ、はたして来年も稲荷でOKなのでしょうか!

« 蓮根汁 | トップページ | 掃除機 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蓮根汁 | トップページ | 掃除機 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ