« そこまで・・・ | トップページ | ばれた! »

2010年3月25日 (木)

1年ぶり

昨年もお越しいただいた、南極探検家(本当はフィールドディレクターといいます)が来てくれました。

昨年、来ていただいたときには名前も聞けず、ただ、松山出身の探検家(写真家)だと言う話でした。(そのときのブログです

ところがその後、愛媛新聞にコラムが載り始め、顔写真も一緒に掲載されているものですから、すぐに分かり

「おお!!!」

と1人新聞を前に興奮したものです。

それから何回か記事を見させて頂いて、正直

(すごい人だが、もう会うこともないんだろうな)

と思っておりました。何となく希少な人に対する憧れなのか、夢を追ってそれにリンクさせて生活しているところに惹かれたのか、不思議な感じでした。

ところが今年も来ていただけたのです。しかも南極帰りだそうです!

いろんなお話が聞きたかったのですが、残念ながらお部屋で食事をされたので、今年は詳しくお伺いすることが出来ませんでした。

ただ、新聞で見ておりましたので、名前も分かりましたし、名刺もいただけました。

お名前 阿部幹雄さんです。

1年ごとの契約なので来年も南極に行くかどうかは分からないそうなのですが、帰りに

「本当に美味しかったです。生きていて良かったです」

とのこと。(生きていて・・・)とは、私が使ったことのない言葉でした。

(お名前のところに著書へのリンクを付けております。見てみてください。)

« そこまで・・・ | トップページ | ばれた! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そこまで・・・ | トップページ | ばれた! »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ