« 久々 | トップページ | マンション総会 »

2010年4月17日 (土)

激震!

タイトルほどの衝撃ではないかもしれません・・・

高校を卒業して、4月からうちで働き始めた子がいましたが、やめちゃいました。

彼は学校からの推薦状を持って面接を受けに来て、アルバイトから始めて、

なかなか今時珍しい、純粋でまじめな子でした。

今朝珍しく遅れているなと思ったら、電話がかかってきて、母親と店に来ていると言うじゃないですか!

(あらら、そういうことね・・・・)

と中へ通し、チラッと話を聞くと、話すのはほとんど母親です。

体がしんどくて、思ったより甘くなかったと言うようなことを言います。

私は4月頭に来始めた時から

「しんどいとは思うけど、慣れるまでの辛抱よ。慣れるまでは何の仕事も一緒だから」

と歳も考え、2人きりで話もしました。

ところが親と相談した結果、今日のようになってしまったと、母親が言います。

私は母親に

(あんたはもうひと月だけでもがんばってみなさいと子供に言えない人なのか?)

と言ってやろうかと、本当に思いましたが、やめる決心をつけてきた2人に、私が熱くなってもせん無きことと、やめておきました。

甘えて育ったのか、それとも違うものを想像していたのか・・・

かなり丁寧に指導もしましたし、うちにしては比較的いい環境の時期だったと思うのですが、とっても残念です。

親になって思いますが、自分の子供が就職して2週間で仕事をやめて帰ってきたら、どうしようかと!

次の就職はあまりないはずですから、フリーターかニートか、無職の時期を過ごすはずです。

それならもっと親と就職先を吟味して考えてみるべきだったんじゃないのかなと思います。もっと普通に育てれば、もう少し辛抱強くなったんじゃないのだろうか。

彼の行く末を案じるばかりです・・・

« 久々 | トップページ | マンション総会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々 | トップページ | マンション総会 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ