« 長期熟成 | トップページ | シェフズミラクル »

2010年4月29日 (木)

写真はないですが・・・

あぶらめの木の芽焼きを作りました。

油目はアイナメと言ったほうが分かりやすいかもしれませんが、色の黒い、皮の硬い魚です。

瀬戸内に昔からいる魚で、以前は普通に大衆魚でしたし、釣りに行けば、小ぶりながらたくさん釣れ、子供の頃はよく唐揚げにしてもらったものです。

ところが近年、特に大きなサイズのものは水揚げが少なく、美味しさが都会で見直されたこともあり、一気に価格が高騰してしまいました。

同じような例がカレイ。昔は平目の足元にも及ばないと言われていた魚でしたが、東京でとても人気が出て以来、地元の人が良いカレイを刺身で食べられるようなことは、本当になくなったと言ってもいいのではないでしょうか。

その油目を木の芽焼きにしてみました。

塩をせずにそのままの身に、飾り庖丁をいれて、少し甘みのきいた焼きだれを掛けながら焼いていきます。

仕上げに叩いた木の芽を振り掛けますが、父いわく

「焼き物の中では一番美味い料理」

というほどの焼き物です。

一番というのは本人の思い入れもあるでしょうが、大きな、脂の乗った油目の皮を

「パリッ」

と焼きあげ、香ばしいタレを塗り、木の芽が効いたこの料理は、確かに美味しいものであります。

お客さんの感想は聞いておりませんが、必ずや美味しかったはずです。

脂の乗り方は半端じゃなかったですから・・・

« 長期熟成 | トップページ | シェフズミラクル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長期熟成 | トップページ | シェフズミラクル »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ