« オーブンお好み | トップページ | 切れないよ! »

2010年5月28日 (金)

手厳しい!

先日、お茶のお稽古に行ったとき、ふと思い出しました。

4月から長男が年長になり、幼稚園では最高学年となりました。

彼が通っている幼稚園は教育の一環として、煎茶を取り入れいます。

月に一回お茶会を開いて、お菓子を食べて、煎茶を飲みます。

そのお運びをどうも年長さんたちがしているようなのです。

先生や父兄が入れてくれたお茶を年下の人たちに運ぶわけです。

話を聞くとそのための稽古をしたりしているのだとか。

そして、どうも目覚めてしまったようで、私が何気なく和室を歩いていると、長男が突然

「お父さん、ヘリとシキイは踏んだらいかんのよ」

ははあ、確かに気にしてもいませんでしたが、とっさに

「お父さんヘリを踏んだりはせんよ!お父さんもお茶を習っているんだから!」

と言うと

「さっき踏んだ」

と言い張るのです。私も確信がありませんから

「分かったよ」

と言う以外ありません。

そんな話をお稽古の時に社中の皆さんにさせていただいたら、たいそう、うけました!

そう言えば裏千家の家元のお話にもありました。

普段からヘリをまたいで、決められた歩数で畳を歩く癖をつけていると、稽古中の足捌きなどは取るに足りない。

毎日の生活の中に茶道の立ち居振る舞いを取り入れなくては、稽古をしている意味がないと・・・

長男が言っている事は、偶然ながらそういうことなのかもしれません!恐れ入りました・・・

« オーブンお好み | トップページ | 切れないよ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーブンお好み | トップページ | 切れないよ! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ