« 七夕 | トップページ | なぜ? »

2010年7月 7日 (水)

変り種

午前中、少し時間があったので、ちょっと遊んでみました。

とはいえ、オリジナルではありません。

新聞についていた冊子の中に作り方が出ていました。

「麦茶ゼリー」

本の中ではハト麦茶で作っていたのですが、うちには普通の麦茶しかないので、その麦茶に砂糖とゼラチンを投入しました。

最初砂糖を計って入れたとき

「うわあ、甘っ!」

と思ったのですが、冷えてみると、案外たいしたことありませんでした。

私、甘い麦茶を飲むと、母の実家を思い出します。

母の里が関東で、こんなことを言って一般化させると反発があるかもしれませんが、関東では麦茶に砂糖を入れるそうです。

夏休みなどに里帰りをして、麦茶をもらうと、すっごく甘くて、これには閉口いたしました。

さすがに飲みなれていないだけに、飲めない!

京都もそうでしたが、松山は普通、ストレートティーです。

ゼリーですが、固まったのを見計らって、みんなで生クリームをかけて食べましたが、

意外にいけるという意見でした。

ただ、普通に飲める味に作っていた麦茶だったので、

固めてしまうと、若干風味不足。もっとビーターなのを作っておかないといけないのかなという印象でした。

身近なものでも意外に目が向けられていない、いい例です。

まさかという料理が、自分の近くに埋もれていたりするもんなんですね。

« 七夕 | トップページ | なぜ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 七夕 | トップページ | なぜ? »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ