« アクシデント! | トップページ | 酷暑 »

2010年7月21日 (水)

どぶろく

お客さんがどぶろくをくれました。

どれくらい前からでしょう。

「どぶろく特区」

などという名前で、特区が出来て、各地でおおっぴらにどぶろく作りが始まりました。

昔の人には結構なじみのあるお酒のようですが、われわれ世代には、ほとんど飲む機会のないお酒でした。

そんなどぶろく。松山のお隣の東温市で何軒か許可を取って作っております。

しかも、作り始めて最初の年に、全国のどぶろく鑑評会で最優秀をとったという話を聞きました。

それはすごいと、一度飲んでみたいという気持ちはありましたが、実は普通に酒屋では売っていないのです。

理由は分かりませんが、取り扱っていないようです。

そんなことで、忘れかけていたところ、たまたまお客さんが

「おう、これ飲めや」

と持ってきてくれました。

「ありがとうございます」

と言って、すかさず開けようとすると

「おいおい、それは無謀や。気をつけんと、全部流れ出るぞ!」

なるほど、発酵途中なので、まだ生きています。ふたを開けると一気に炭酸が噴出してしまいます。

ゆっくり蓋をひねると、ビンの中の米粒が

「シュワ~」

と上昇してきて、すごい圧力をかけてきます。

すかさず、もう一度蓋を閉めなおして、しばらく様子を見ます。

そんな開けたり閉めたりを繰り返しながら、やっとあけ、グラスについで飲んでみます。

なかなか面白い!

一見甘そうに見えるのですが、酸味がかなり強いので、甘みは全く感じられません。

さらにぴちぴち感がなかなかいけます。

調理場みんなで飲んで、若い子達はあまり好みではなかったようですが、私は嫌いではありません。

今度はもっと酸っぱいのを持ってきてくれるとの事ですが、そんな私も今日のぐらいまでが、限界かなとも思っています・・・

« アクシデント! | トップページ | 酷暑 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アクシデント! | トップページ | 酷暑 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ