« そんな! | トップページ | 披露宴 »

2011年1月28日 (金)

野沢菜

出入りの業者さんですが、何を売っているのかということは、ここでは避けておきましょう。

そのある業者さんが、注文もしていないのに、突然

「これ、野沢菜なんですけど、とっても美味しいんです。今日は特別、○○円でお売りしたいのですが・・・」

と言います。ちなみに、全くお門違いの業者さんです。

当店は漬物を買うことがないので、最初断ろうと思っていたのですが、話を聞いていると

「いいえ、お客さんにはこのような漬物はきよみずさんではお出しできないと思います。ですから賄いでどうでしょう?」

と言います。

この言葉がなんとなく急所を突く言葉でした。お客さんに出さないことは分かっているのだが、買ってはもらえないかと聞こえたからです。

小さな袋に入っているものですから、お付き合いしようかと思い

「2つください」

というと、うれしそうに

「210円です」

と言います。

「ええ、そんなに安いんですか?」

と尋ねます。ちゃんと値段を聞いていませんでした。もともと買うつもりがなかったもので・・・

(付き合うのに200円では悪い)と思い、(でもそんなに沢山はいらないし・・・)と葛藤しながら、

「じゃあ、4つください」

というと、さらにうれしそうな顔が2倍になりました。400円で・・・

(じゃあ、8つ)と言いたいところですが、不味くてもいけないので、やめておきました。

しかし一体、どこから仕入れてきたものか・・・

« そんな! | トップページ | 披露宴 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そんな! | トップページ | 披露宴 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ