« 面接ラッシュ | トップページ | 野沢菜 »

2011年1月27日 (木)

そんな!

きよみずではできるだけ地元の素材を使う努力をしております。

できるだけ、愛媛県産の物を使ったほうが、鮮度もよく、地元が潤うので申し分ないと思っているからです。

また、足元に目を向けることで、新しい発見や開発ができるのではと思っております。

しかし、どうしても代用が効かないようなものがあります。たとえば京野菜。

これは似たようなものはたくさんあるのですが、れっきとしたものは種もいわゆる「門外不出」で他生産地に出回ることもなく、

近種であってもブランド名として、商標登録されていますので、名前ももちろん名乗れなくなっているのです。

その代表格である聖護院蕪。元は近江蕪と言いまして、滋賀県で作られていたものです。

それが東山の比叡山近辺を下って、聖護院あたりで栽培されるようになり、現在の名前になっております。

しかし一番の産地は京都市ではなく、お隣の亀岡市と八木町が現在の特産地だと聞いております。

今月、この蕪を料理に使っているのですが、なんと大阪の市場の人が荷造りを忘れて、今日、当店に入荷しませんでした!

「おいおい、それはないやろう!」

とぼやいても始まりません。すいませんではすみませんが、八百屋さんもどうしょうもなくて困っていますので、そうきつくは言えません。

その大阪の人にトラックを走らせろと言いたいところですが、さすがに蕪2,3個ぐらいでは来るはずもなく、結局違う野菜を使うことになりました。

特別なものを使うということは、こういうことなのですから、もう少し気をつけてもらいたいものです!

« 面接ラッシュ | トップページ | 野沢菜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 面接ラッシュ | トップページ | 野沢菜 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ