« 早いもんで | トップページ | 鱚(キス) »

2011年2月12日 (土)

滓酒

友人から滓酒をいただきました。

Tuskinowa_orizake_2 月の輪酒造という岩手の酒蔵のお酒らしいのですが、これが少し変わりだねで、

造り酒屋は本醸造から始まって、吟醸、大吟醸、それに純米酒などなど、さまざまな種類のお酒を醸造します。

もちろん、原料米の違いもありますし、精米歩合も違います。

中には酵母さえも違う物も一つの蔵の中に存在します。

この滓酒はそんないろいろな種類のお酒を搾った後のタンクに残っている滓を集めて混ぜ、瓶詰めしたものなのです。

これがすっきりとした酸味と、米のうまみ、そして複雑味が相まって、実においしいお酒でした。

しかしこれが厄介なもので、実はアルコール度数が18度と日本酒にしてはかなり高め。

しかし酸味があるため、飲み口が良く、どうしても飲みすぎてしまうのです。

危険なにおいのする酒なのです。

香辛料を使った料理や、脂っこいもの。また、薬味や唐辛子の入ったポン酢にもよく合うお酒だと思いました。

これ以上の味は私の文章力ではお届けできません・・・

« 早いもんで | トップページ | 鱚(キス) »

コメント

滓酒呑みは毎年の恒例行事です。毎年これが出ると、無事一年経ったなぁと実感します。危険な味の酒だけど、いつも私を幸せな気分にしてくれるお酒なのです。
美味しいお料理とおもてなしを有難うございました。また相方に頼んで一緒に連れて行ってもらいますね。

>ルルマーブル さん
先日はありがとうございました。
後日あれを飲んで、また二日酔いになりました。貧弱な酒飲みです・・・
またお待ちいたしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 早いもんで | トップページ | 鱚(キス) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ