« ミステリアス | トップページ | さわら »

2011年2月18日 (金)

正直なのか・・・

父がうちの長男にローストビーフをあげました。

お肉をあげる方と言われて、店にやってきた長男。

そのお肉とは、お昼のお客さんに使った残りのローストビーフ。

とは言え、いっぱいとは言えないにしても、そこそこの量はあったように思いました。そうですね、握り拳半分くらいの大きさの塊でしょうか。

それを受け取り、嬉しそうにしながらも

「これだけしかないの?」

とポロッと言います。さらに「少なッ」まで言う物ですから、父は少しかわいそうでした。

結局持って帰って、誰にもあげることなく、1人で食べてしまったそうなので、実際に感じたとおり少なかったのかもしれません。

そして後程、店に電話をかけてきて

「じいちゃんに替ってくれ」

といったかと思うと

「またお肉をください」

と催促しています。

なんという図々しいこと。しかしこれが子供ながらの特権。今のうちに好きなようにしておけばよいが、これから世の中の現実を見ていくのだろう。

« ミステリアス | トップページ | さわら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミステリアス | トップページ | さわら »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ