« 南極食 | トップページ | 盆栽 »

2011年4月30日 (土)

それは違うぞ!

4月のお料理にそうめんを使いました。

年に何回かは素麺やにゅう麺を献立に入れます。

個人的には暑いときの冷たいそうめんが大好きで、1食限定であるなら、毎日でも食べたいです。

しかし意外に温かい素麺(にゅう麺)も人気が高く、私の感覚とは少々ギャップがあります。

お客さんもそうめんをお出しすると決まって

「うわあ、おいしい!久しぶりに美味しい素麺を食べた!」

と言ってくれて、さらに続くこの言葉が今日のテーマです。

「一体この素麺は何素麺?何処の物?」

と立て続けに質問が飛んできます。

私的には

(・・・・・)

なのです。

どういう意味か分かりますか?

おこがましい言い方かもしれませんが

「プロが湯がいて、プロが出汁を作っているからこそ美味しいので、

あなたたちがいつもと同じように作ったのでは、行きつく先は同じよ」

と言えるお客様には言っています。

言えない方には心の中で言っています。

そして

「揖保の糸です」

などと答えようものなら

「ああ、やっぱり。いい素麺だと思ったのよ。こんなに美味しいんだったら、私も買おう。で、揖保の糸っていったいどこの素麺?」

(揖保の糸がもったいない・・・)

とこんな感じです。とにかく素麺のメーカーを聞かれることがものすごく多いのです。

反面、素麺を美味しく作るコツ、出汁や湯がき方について質問される方は皆無です。

こっちの方が私には不思議です。なぜ私の作る素麺が美味しく、家庭で作る素麺が不味いのか?ちゃんと理由があるのです。

良かったら質問してくださいね。

ちょっと言い過ぎたかもしれません。耳が痛い方もいらっしゃるかもしれませんね!

« 南極食 | トップページ | 盆栽 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南極食 | トップページ | 盆栽 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ