« 気持ち悪いと言わないで | トップページ | これも自然か! »

2011年6月 3日 (金)

ショック!

お客様から

「すっきりとした白ワインを」

と相談され、

「香りがあってもいいならこれでも」

とリストの中からお勧め。そして満を持して開けてみると、なんと甘口!

アルザスというドイツに程近いフランスの産地なのですが、高級なワインになればなるほど、甘口が出てくる銘醸地なのです。

今回私がお勧めしたものはというと、およそ甘口にはならないであろうと思われる金額のワイン。

お客様もよくご存じな方のようで、

「甘くはないですよね?」

と念を押されていました。

仕方なく、私がお勧めして、甘口じゃないといったものが、甘口だったので、

お詫びを言って、違うものに変えてもらいました。

非常に情けなく、残念でした。

何でこんなことになったのか?

どうも私がしっかりと確認せずに購入、そしてオンリストしてしまったのが、そもそもの失敗。

ちゃんと反省しないといけないですね・・・

ただ、良いことに気付いたのは、この作り手が、この値段でも甘口を作れるという、いわばとてもコストパフォーマンスに優れて作り手であるということが分かったことです。

この酒蔵で、さらにもう少し安い物、すなわち辛口を買えば、必ずや美味しいワインに当たるはずです。

とはいえ結局、今日は廃棄処分という名の自己消費です!

« 気持ち悪いと言わないで | トップページ | これも自然か! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気持ち悪いと言わないで | トップページ | これも自然か! »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ